ドロ沼

【泥濘の食卓】21話~24話ネタバレ~読むのが辛いけど面白い作品です

泥濘の食卓

泥濘(ぬかるみ)の食卓(伊奈子先生)21話~24話を読んだので、あらすじをまとめました。ネタバレも少しあるので、ネタバレを知りたくない人はお気をつけ下さい。

「泥濘の食卓」は「月刊コミックバンチ(新潮社)」内のオリジナルレーベル「ウツツ」で配信中のオリジナル作品です。

【試し読みと巻数】泥濘の食卓

泥濘の食卓は2021年10月現在、25話まで配信されています。

試し読みはまんが王国が便利です。

>>>泥濘の食卓の試し読み

検索窓に「泥濘(ぬかるみ)」と入力するとすぐに読めます。

【おもな登場人物】泥濘の食卓21話~24話

登場人物の紹介文の中にネタバレあります。

捻木深愛-主人公

捻木深愛-ねじき・みあ、25歳。現在は無職。実在しないボランティア団体の職員を名乗っている。元はスーパーの従業員で、スーパーに勤めていたときの上司だった店長の那須川と、ずっと不倫している。不倫相手の店長の奥さん・ふみこがうつ病なので、それを和らげるために、ふみこと向き合う日々。今は息子のハルキの不登校の相談に乗ることも多い。ハルキと接するうちに、ハルキが気になり初める?

今は母親と二人暮らし。

那須川夏生-主人公の不倫相手

那須川夏生-なすかわ・なつお、スーパーすずらんの店長。既婚者。那須川ハルキの父親。捻木深愛と不倫している。

那須川ハルキ-店長の息子

刈谷ヶ丘高校の生徒。高校一年生。那須川夏生の長男。父親の不倫相手、捻木深愛が好きで、一緒にどこかで暮らしたいと告白している。

尾崎ちふゆ

那須川ハルキの幼馴染。高校一年生。家は資産家。ハルキが大好きで、ハルキと結婚したいと強く思っている。ハルキからは、大嫌い、と告げられているが、それでもハルキ愛は冷めないどころが、ハルキに対する愛が病的に増している。

那須川ふみこ-店長の妻

スーパーすずらんの店長・那須川夏生の妻にして、那須川ハルキの母親。うつ病だが、捻木深愛のサポートで回復の兆しがある。

【あらすじとネタバレ】泥濘の食卓11話~20話

21話-ちふゆのケガは?

前回20話でケガをしたちゆふだが、幸いにして軽症、意識もある。

病院には、ハルキ、ちふゆ、そして那須川夏生(=ハルキの父親)が顔を揃える。ケガの原因について、ハルキは父親から追求されるがそこに治療を終えたちふゆが戻り、私が勝手に転んだけだから、で話を終わらせてしまった。

そしてその直後、ちふゆの父親が駆け付け、娘の無事に安堵する。

ちふゆのケガは思ったより大したことありませんでした。

22話-父と息子が何を話す?

店長の那須川が、深愛を車で家に送って行くことになり、息子のハルキも同乗します。そして、深愛の家に着くと、ハルキはGPSアプリを起動させ、深愛の家の場所をスマホにしっかり登録するのです。

そして、帰りの車内は那須川と息子のハルキだけになり、那須川は息子のハルキにお前と話し合いたいと言いますが、ハルキはそれに答えず、ひたすら父親を睨むのです。

一方、家に帰った深愛は今日一日のことを思い返すと体が動かなくなってしまうのでした。

ハルキの父親に対する憎悪はますます深くなります。

23話-ちふゆの脅迫

ケガから回復した尾崎ちふゆは学校へ通い始めた。

一方、ハルキは相変わらず不登校を続けている。

ちふゆは学校の帰り、那須川家に強引に上がり込みハルキに、私のケガの本当の原因(=ハルキが突き飛ばしてちふゆはケガをしたのだが、ちふゆが勝手に転んでケガをしたことになっている)は秘密にしてあげるから明日学校に来て、と半ば脅迫っぽい言い方で命令するのです。

ハルキは久しぶりに登校するのでした。

24話-ハルキの危機

ハルキは尾崎ちふゆにケガをさせてしまったことを、黙っていてもらう代わりに、嫌々登校します。

学校帰りは、ちふゆに付き合わされカラオケボックスでデートです。楽しいのはちふゆだけ。ハルキはこの時間に絶望しか感じません。

そして、ハルキが無理やり登校させられて数日後、ハルキは授業中に突然教室を飛び出してしまいます。

ハルキは沼から抜ける決意をしました。

25話-那須川店長

那須川の働くスーパーすずらんは県内に8店舗を有するチェーン店だ。那須川の運営手腕は、本部から高く評価されている。那須川の任せているお店の売上も堅調だ。

那須川いわく、若い学生バイトとパートさんたちのサンドバックになれば、お店は回るんですよ、と言う。

そんな那須川は、女子学生のバイトは特に大切にする。食事に誘うことはもちろんだし、人気のないところに停めた車内で二人っきりになり、色々相談にのることも店長の大事な仕事だと思っている。

那須川は不倫の常習っぽいです

【感想】泥濘の食卓21話~25話

20話までは捻木深愛が沼にはまる様子を描いていましたが、21話からはハルキのはまった沼が描かれています。

ハルキを愛する尾崎ちふゆも、恋愛対象に執着するという点では捻木深愛と一緒ですよね。でも、二人は決定的に違います。

深愛は影からこっそり相手を見守るのに対し、ちふゆは相手の目の前に出てきて常に私だけを見ていて欲しいのです。

二人のどちらが正しいのかは、受け止める側によって違うと思うのですが、ハルキはこの幼馴染の愛を受け止めることができません。

ドラマのタイトルにもなったハンガリーのことわざ「逃げるは恥だが役に立つ」=「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」っていう教えがありますが、ハルキにこの言葉を贈りたい気持ちです。

ハルキもちふゆも、沼から抜けれるといいなと、期待して続きを待ちたいと思います。

【泥濘(ぬかるみ)の食卓】の試し読みはこちらから。

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>泥濘の食卓の続き

サイト検索窓に【泥濘(ぬかるみ)】と入力して下さい。すぐに読めます。

まんがアプリ「まんが王国」お得がいっぱいです

まんが王国
まんが王国は気軽にまんがをたくさん読みたい人におすすめのサイトです。

まんが王国に興味がある方は、公式サイトからとりあえず無料試し読みをしてみて下さい。

無料登録しなくても、読めるまんがはたくさんあります。無料の会員登録すれば、読めるまんがはもっと増えます。

  • 無料で試し読みできる漫画が3,000冊もあります
  • ポイント還元率が高いので他のまんがサイトよりお得です
  • 大きな会社が運営しているので、安全面も問題ありません

 
まんが王国をチェックする